LOG IN

伊藤智仁新監督!BCリーグ富山GRNサンダーバーズ

by て.いとう

12月になって、2017年もいよいよ残り1ヶ月。嬉しいニュースが飛び込んできた。

今シーズン限りでヤクルトを退団した智さんがBCリーグの富山GRNサンダーバーズの新監督になるっていう。独立リーグとはいえ、智さんの人生で初めての監督就任。ここから、「伊藤智仁監督」のキャリアがスタートするわけだ。夢は広がるねぇ。

思えば、高津もBCリーグ新潟で選手兼任監督になって、今や次期監督候補に名を連ねるヤクルトの二軍監督なんだから、智さんだってそういう道を歩む可能性があるじゃないの。

智さんの新監督就任を聞いて、さっそくサンダーバーズ球団に電話!まだ、背番号は未定だけど、ユニフォームのモデルチェンジはしないとのこと。あと、ファンクラブはないけど、後援会はあるそうで、智さんの人気をサンダーバーズ球団に見せつけるためにも、即日1万円コースに入会させていただきました。東京から、応援しております(ユニフォームも買ったぞ!

BCリーグっていうのは、あんまり詳しくないけれど、東地区と西地区に分かれていて、富山は西地区。他には、長野、石川、福井、滋賀。東地区のチームと試合をしてくれると、観戦しに行きやすいのだけど、いわゆる交流戦はあんまりないようで、年に数試合というところ。ただ、石川県立野球場で結構試合してるのね。智さんがルーキー時代セ・リーグタイ記録の16奪三振を奪いながらも、篠塚にサヨナラホームランを打たれた、あの球場。監督として凱旋すんのか。シビれるわ。

今年、直接お話したときに「二軍のコーチは楽しい。選手を育成できるから」っておっしゃっていたし、独立リーグは若くて、プロを目指している選手ばかりだろうから、いいかもね。智さんだって、高校から社会人に入って、伸び悩んでいるなかでスライダーと出会ってプロの選手に成長したわけだし、そういうきっかけを選手と一緒に探せるはず。

一方で、智さんはドラフト1位で、その後もヤクルトでしかコーチを経験していないから、自分自身も周りも、常にエリートばっかりだった。やはりNPBと独立ではレベルが違うと思うし、そこでどうやってアジャストしていくかっていうのは見守りたい。

今季低迷したヤクルトは、かなりの選手を戦力外にしたけれど、まだがんばりたい選手は智仁監督率いる富山GRNサンダーバーズに入って、再起を目指して欲しいもんだ。そして、このチームからヤクルトに入団する選手がどんどん出てくるといいなあ。

関係ないけど、調べたら「GRN」っていうのは、ジー・アール・エヌ株式会社というワインの会社なのね。富山は日本海があるから料理が美味しいだろうし、ワインの会社がスポンサーになっていて、さらには監督で野球三昧ですか。富山は美人も多いと聞くし…智さんの好きなものしかないやんけ!!

とにかく、ピッチャーとしての伊藤智仁第1章があって、今年はヤクルトのコーチとしての第2章が終わって、そして、これからは第3章が始まる。「幸運な男」は「休まない男」でもある。智さんの人生がこれからも幸運に恵まれますように。

燕は雷鳥へ。


て.いとう
OTHER SNAPS