LOG IN

Instagramとg.o.a.tに引っ越したよー!

by て.いとう

きのうで2017年シーズンが終わった。全国のヤクルトファンの皆様、お疲れさまでした。

これまで、ヤクルトに関する情報発信をツイッターと、はてブロを使ってやってきたけれど、Instagramとg.o.a.tにそれぞれ引っ越した。

僕が思うに、ツイッターは「共感のツール」なんだよね。そして、はてブロは140文字じゃ書ききれないことを補足するために使っていて、ツイッターのフォロワーもブログの読者もとても多くて、それはありがたいことだったんだけど、だんだん息苦しくなってきたというか、好きなことを書けなくなってしまった。

そもそも、野球っていうものに対して「共感」を求めるのは難しい。

野球は複雑で、難しいスポーツだし、大衆の娯楽だから、生活保護の人から毎年ノーベル賞の候補に挙がる世界的な作家まで色んな人が観てる。なので、野球の楽しみ方、捉え方は十人十色。だから、誰の意見も否定されるべきじゃないし、自分の意見も否定されたくない。

もう共感を求めたくないのだけど、ライフログとして、野球観戦という趣味の足跡は残したいというある種の矛盾が自分にはあって、「共感」の逆を行っても許されるようなツールを探してた。色々考えた結果、Instagramは写真が主体だから雑音が聞こえないし、g.o.a.tはブログではあるのだけど、どこかスクラップブックみたいなのでいいかなって思ったので、引っ越した。

ツイッター&はてブロ時代は「共感」がテーマ。そして、これからのInstagramとg.o.a.tは「自分の趣味全開」がテーマ。どちらもそういうツールだと思うわ。

それから、引っ越したのにはもうひとつ理由があって、ウェブサービスっていうのには、旬や賞味期限というものがあると思うのね。特にツイッターは草創期から使ってきたけれど、もう旬が過ぎたなって感じる。はてブロも、旧来のブログサービスのなかではデザイン性があって好きだったんだけど、もう時代遅れ感があったし、ブログ村のランキングもまた時代錯誤かなと。僕は野球が好きだけど、こうしたITも好きで、自分なりに時流を捉えて、それぞれの引っ越しを決意したわけ。

もちろん、1993年からずっと応援してきた智さんが選手、コーチとしてドラフトから25年近くやってきて、きのうの全日程終了と共に退任したというのが一つの区切りでもある。いままでのヤクルト人生ではずっと現場に智さんがいたけれど、きょうからはもういない。僕のなかで、新しい時代の幕開けだから、きょうからまた一歩を踏み出していく。

そうそう、Instagramを先行して始めてみたのだけど、いい感じ。

まさに趣味全開。こんな感じの延長線上で、g.o.a.tもやっていくよ。あくまでも自分のそのときの気持ちや考え、観戦記などのライフログのために。だから、それでも読みたいっていうサイヤ人よりも少数民族な方々は、そのうえでどうぞ。


て.いとう
OTHER SNAPS